住まいる建設の地盤調査③~高低差編~


こんにちは、住まいる建設です!


住まいる建設の地盤調査、


①写真編

②ポイント編

③高低差編


今回は高低差編となります!

 

◆どこの高低差をはかるの?

高低差をはかるところは、

前回の記事で取り上げた地盤調査機械(IGP)を使用する場所5ポイントと

敷地内の一番外側1カ所とそのポイントに隣接する2カ所×4隅分です。


つまり、測るべき高低差の箇所は下記画像の赤丸のようになります。






左図の建物の場合だと

合計17カ所、はかります。









◆なんのために測るの?

地盤調査の作業として測る高低差は、

正しく解析するための判断材料としておこなっています。

上記図の高低差ポイントの他にも、壁の高さやフェンスの高さなども測り、

少しでも多くの情報を集めます。


◆どうやって高低差を測るの?

下記の図のような方法で高低差を測っています。

機械(レベル)を使って計測しているので、誤差の少ない高低差が測れます。


 

いかがでしたか?

現場についたら写真を撮って、探索ポイントを取って、高低差を計測。

その3つの作業が完了したらお次は…ついにIGPを使用した地盤調査です!


次回の記事で詳細にご説明しますので、

どうぞお見逃しなく!

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示