地盤調査方法の種類


みなさん、こんにちは。

住まいる建設です!


以前の記事でご紹介した「地盤調査」







実は地盤調査の方法には

大まかに3つの種類があるんです!



 


①スウェーデン式サウンディング試験(SS試験)


メリット:★複数個所の測定データの相互比較ができるので

      地盤のバランスや土質が判断でき、深度方向に連続した測定ができる。

      (測定可能深度の目安は10m程度)

     ★換算N値を算出できる

     ※換算N値とは、簡易な地盤調査の手法として定着している

      スウェーデン式サウンディング試験の結果から求められる数値です。

      土質によって異なる換算式を用いて、地盤の強度であるN値を推定します。


デメリット:★転石または硬質層が貫入障害となり測定不能となる。

      (杭基礎の支持層を確認できない)

      ★ボーリング・標準貫入試験の補足調査
















②標準貫入試験


デメリット:調査個所が1カ所だけの場合は地層の勾配を判断できないことがある。



















③平板載荷試験


デメリット:★調査個所が1カ所の場合は地層の勾配を判断できない。

      ★載荷板が小さいので、かけた荷重から発生する応力が浅い深度までしか

       及ばない。

       そのため、実際の建物で発生する沈下量よりも小さい値が出ることもある。












いかがでしょうか?

「地盤調査」と一口に言えど、種類があり、メリット・デメリットが存在します。


住まいる建設はメリットが多い、

「スウェーデン式サウンディング試験」にて地盤調査をおこなっています!

お気軽に、ご安心して地盤調査のご相談ください。


住まいる建設

TEL:0476-37-3067


お申込みフォームはこちら▼




閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示